入院について

スマホエコー記録システム

入院の時期

次のような症状がありましたら、電話でご連絡(TEL:082-231-2832)のうえ、スタッフの指示に従ってご来院ください。

1.規則的な陣痛が始まったとき

  • 経産の方は、15~20分おき
  • 初産の方は、10~15分おき

2.おしるし(血液の混じった粘液性のおりもの)があったとき

3.破水(お水がおりる)したとき

入院時の持ち物

妊娠末期に入ったら、急に入院することになっても、あわてることがないように、入院に必要なものをひとつにまとめて用意しておきましょう。母子健康手帳や健康保険証は必ず持って行きましょう。退院のことも考え、荷物は必要最小限に、持ちやすくしましょう。妊娠9ヶ月の終わりごろ(35週)までにはそろえて、入院前には一つにまとめて誰にでもわかるようにしておきましょう。

荷物のチェックリスト

  • 母子健康手帳
  • 必要書類(出産一時金申請用紙など)
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 小銭
  • 筆記用具
  • 洗面用具
  • 着替え(産褥用ショーツ2~3枚)
  • 着替え(産褥用ブラジャー2~3枚)
  • パジャマ(前開きのもの)
  • 骨盤ベルトまたはさらし
  • 退院時に赤ちゃんが着るもの、おくるみ
  • ティッシュペーパー1箱
  • ナプキン(生理用)
  • 赤ちゃん用ガーゼ、ハンカチ

アメニティセット

タオル、バスタオル、スリッパは、当院にてご用意しております。
パジャマをご希望の方は事前にお申し付け下さい。

入院中の生活

入院中の生活

待望の赤ちゃんとの一緒の生活がスタートします。どうぞゆっくりとお過ごし下さい。

  • 経過が順調な場合、産後4日目の退院となります。
  • 原則として付き添いの必要はありませんが、希望があれば分娩、手術当日は許可することができます。
  • 面会時間をお守り下さい。(午前10:00から午後9:00)
  • 沐浴、栄養、調乳、退院後の生活についてのレクチャーがあります。
  • 赤ちゃんはお母様と同室されるよう勧めておりますが、希望があれば新生児室でお預かりいたします。お気軽にお申し出下さい。
  • できるだけ、母乳でお育てになれるよう、授乳や母乳マッサージについてアドバイスさせていただきます。
  • 経腟分娩翌日、帝王切開後2日目からシャワーをご利用になれます。
  • 病室および院内は禁煙です。生まれたばかりの赤ちゃんのために是非お守り下さい。
    火災防止上、備え付け以外の電気用品のご使用はご遠慮下さい。

退院について

赤ちゃんのことやご自身のからだのことなど、退院後もご心配なことはなんなりとご相談下さい。退院後の受診は、退院後1週間目と出産後1ヶ月目にご来院下さい。

病室・費用について

病室のご案内

病室のご案内

詳しくみる

診療・入院費用

診療・入院費用

詳しくみる

このサイトは最新のブラウザでご覧ください