医療法人 中川産科婦人科

中川産科婦人科
お問い合わせ・診療予約 TEL 082-231-2832

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ

 子宮頸(けい)がん予防ワクチンの副作用について、専門家が議論する厚生労働省の副反応検討部会は平成25年6月14日、副作用の報告が相次ぎ、原因が判明していないことから、「積極的勧奨を一時控える」と議決しました。定期予防接種は中止しません。今後、ワクチンの信頼性を確保するため、情報を集めて医学的評価をした上で、問題がなければ積極的勧奨に戻す方針です。

現在、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては有効性とリスクを理解した上で受けてください。
子宮頸がんはこんな病気

  • 子宮頸がんは、乳がんに次いで若い女性に2番目に多いがんです。
  • 子宮頸がんは、ヒトパピローマウィルス(HPV)というウイルスの感染が原因でおこるがんです。
  • 子宮頸がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できることが期待されています。

子宮頸がん予防ワクチンの接種についてのリスク

  • 比較的軽度の副反応は、一定の頻度で起こることが知られています。
  • まれに重い副反応もあります。

ワクチン接種後の注意

  • ワクチン接種後に体調の変化があった場合は、すぐに医師に相談してください。
  • 副反応により、医療機関での治療が必要になった場合は、お住まいの市区町村の予防接種担当課へご相談ください。

「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」【PDFファイル】

厚生労働省ホームページで、子宮頸がんに予防ワクチンに関する情報をご案内しています。
厚生労働省、子宮頸がん予防ワクチンについて【外部リンク】
ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について【外部リンク】

2013年6月19日